ALT

旭化成建材が首位を堅持した。前年は2位の旭ファイバーグラスとのポイント差がわずか0.5だったが、今年は3.2と少し広がった。各社とも、採用したい理由として「機能性が高い」点を挙げた人が最も多かった