• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップ建物・設備とのつきあい方 > 記事(前のページ)

建物・設備とのつきあい方

地デジ化を控え、BSや110度CSも受信したいと主張する一部居住者にどう対応すればよいか?

2008/09/16

Q: そろそろ2011年7月のTV放送の地上デジタル化について、管理組合として準備を始めようと考えています。現行の共用ケーブルテレビ会社との契約を継続しても、各家庭でチューナーを購入すれば視聴は可能であるとの説明を受け、その線でどうかと居住者にアンケートを行ったところ、「ケーブルテレビのサービスではBSデジタル放送や110度CS放送が受信できないので嫌だ」、「もっと多くのチャンネルを見られるようにしてもらいたい」と強行に主張する居住者が一部にいることがわかりました。 この人たちのためだけに共用のパラボラアンテナを屋上に設置すべきか、思案しているところです。理事会や総会でパラボラアンテナの設置が否決された場合でも、この人たちはまず間違いなく、細則を無視してバルコニーの手すりにパラボラアンテナを設置することでしょう。 トラブルは避けたいと思いますが、余計な出費も避けたいと思います。どうすればよいでしょうか。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ建物・設備とのつきあい方 > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする