• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップぷれすりりーす > 記事(前のページ)

ぷれすりりーす

ボスポラス橋大補修、IHIインフラシステムが受注

2013/12/05

 IHIは12月4日、子会社のIHIインフラシステムがトルコの第1・第2ボスポラス橋の補修工事を同国の有力ゼネコンとのJVで受注したと発表した。契約金額は約2億4700万トルコリラ(約125億円)。間もなく着工し、2015年に完成する予定だ。

 補修工事の目玉は、第1ボスポラス橋の斜めハンガーケーブルを鉛直ハンガーケーブルに架け替えること。長大吊り橋では世界に3橋しかない斜めハンガーケーブルを架け替える難易度の高い工事となる。

 IHIおよびIHIインフラシステムはトルコで、2011年に契約したイズミット湾横断橋建設工事も実施している。

第2ボスポラス橋の全景(写真:IHI)

第1・第2ボスポラス橋の位置図
(資料:日経コンストラクションが作成)

 以下は発表資料。

トルコ「第1・第2ボスポラス橋補修工事」を受注

 株式会社IHIインフラシステム(所在地:大阪府堺市、社長:井上 明、以下IIS)は、このたびトルコの有力ゼネコンであるMAKYOL社(所在地:イスタンブール)とのJV(共同企業体)で、トルコ共和国運輸省道路庁より「第1・第2ボスポラス橋補修工事」を受注いたしました。

 契約金額は、約247百万トルコリラ(約125億円)で、IISは、第1ボスポラス橋のハンガーケーブルの架け替えや、両橋への除湿装置の設置などを担当する予定です。間もなく着工となり、工期18ヶ月で、2015年に完成する予定です。

 「第1ボスポラス橋(The Bosporus Bridge)」は、今年で、建設から40周年を迎えます。また、IHIが、日本の円借款で建設した「第2ボスポラス橋(Fatih Sultan Mehmet Bridge)」は、25周年を迎えます。

 この両橋はイスタンブールのヨーロッパ側とアジア側を結ぶ主要幹線であり、1日計40万台強の自動車が往来するため、トルコ道路庁は、大規模補修工事を行うことを決めました。

 今回受注した補修工事の目玉は、第1ボスポラス橋の斜めハンガーケーブルを鉛直ハンガーケーブルに架け替える点です。現在世界の長大吊橋では3橋しかない斜めハンガーケーブルの架け替え工事を行うことになり、世界的にも注目される難易度の高い「吊橋補修工事」となります。

 IHIは、トルコにおいて、1974年・1998年に「新・旧ゴールデン・ホーン橋(鋼製桁橋)」、1988年に、「第2ボスポラス橋」の建設、また2010年に「第1、第2ボスポラス橋を含むイスタンブール市内15箇所の橋梁耐震補強工事」施工の実績があり、トルコの道路交通インフラ整備に大きく寄与してきました。

 現在IHI及びIISは、一昨年契約した「イズミット湾横断橋建設工事」を施工中です。完成すれば世界で4番目の吊橋となる「イズミット湾横断橋」の建設と、ボスポラス海峡を挟む「第1・第2ボスポラス橋補修工事」を同時期に行うことにより、トルコでのIHIブランドの確立と、ゆるぎない橋梁建設・補修実績を獲得すべく、双方の工事の無事の完成に全力をあげて取り組んでいきます。

・IHIのプレスリリースはこちら

ケンプラッツ

インフラから始める地方創生──2017年9月25日号を公開しました

多くの自治体が税収減や福祉予算の増加に頭を抱えるなか、新幹線や高速道路といった従来型のインフラ整備による地域振興策には限界がある。一方、規模は小さくても設計や施工、運営に住民や企業を巻き込むことによって、インフラは地域を活性化する起爆剤となる。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップぷれすりりーす > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする