北山孝雄氏が語る「大切な資産としての“水辺”」

インタビュー:北山創造研究所代表 北山孝雄氏

2012/12/14

北山孝雄(きたやま たかお)氏 1941年大阪府生まれ。人々が望む生活イメージを描き、それを実現するための手段を組み立てながらその実現を図る「生活プロデューサー」(写真:鈴木 愛子)
北山孝雄(きたやま たかお)氏 1941年大阪府生まれ。人々が望む生活イメージを描き、それを実現するための手段を組み立てながらその実現を図る「生活プロデューサー」(写真:鈴木 愛子)

「街は日常生活の必需品」「モノを持つことよりも、生きる糧になるようなコトに皆が対価を支払うようになってきた」――。こう語る北山氏は全国各地でにぎわい創出をプロデュースしてきた。そこでは「水辺」をどう生かしてきたのだろうか。(聞き手は前・日経アーキテクチュア編集長、真部 保良、現・日経BP社インフラ総合研究所)

消費する施設から楽しむ施設へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでシェアする


構成:大井 智子=ライター日経アーキテクチュア

ページの先頭へ

RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加 Facebookでシェアする

ケンプラッツFocus

現在 昨日 週間アクセスランキング(総合)