ケンセツ的視点

定期講習を受けないと建築士資格はどうなる?

2010/08/24

 この夏、大学時代の友人と飲む機会があった。皆、建築系学科卒で一級建築士だ。その飲み会の場で、建築士資格が話題になった。

 「建築士定期講習を受けていないのだが、自分の資格は大丈夫なのだろうか」「そういえば会社から講習を受けるように言われていないぞ」「いつの間にか資格が消滅していた、なんてことはないだろうな」――。

 飲み会に参加していたのは、ゼネコン1人とハウスメーカー2人。いずれも設計部など、業務として設計を担当する部署には配属されていない。建築士法改正後の資格の存否について、彼らはかなり不安に思っているようだった。そこで他の友人を含め、複数の実務者に実情を聞いた。

 質問は3つ。(1)会社から「定期講習を受けるように」と督促されたか。現時点で受講しているか。(2)所属部署によって定期講習受講の督促に違いはあるか。(3)改正建築士法について社内説明会などがあったか。以下が、質問に対する回答だ。

A氏:建設会社(設計部)
(1)督促された。受講した。
(2)部署による違いはない。
(3)あった。

B氏:建設会社(設計部)
(1)督促された。受講していない。
(2)建築士資格者全員に督促。部署による違いはない。
(3)なかった。社内メールでの情報案内程度。

C氏:建設会社(設計部)
(1)督促された。受講していない。
(2)定期講習を受ける必要のある部署のみ。
(3)あった。

D氏:建設会社(技術部)
(1)督促されていない。受講していない。
(2)設計部は督促されたようだ。社内の「所属建築士」の対象が「建築士資格を持っている全員」から「設計部など設計に従事し、定期講習受講済みの建築士」に変更する旨の通知文書は回覧された。
(3)所属建築士に対してだけあった。

E氏:設計事務所(設計部)
(1)督促された。受講していない。
(2)部署による違いはない。
(3)たびたび行われている。

F氏:設計事務所(設計部)
(1)督促された。受講した。
(2)部署による違いはない。
(3)あった。

G氏:ハウスメーカー(商品企画部)
(1)直接の督促はない。社内のイントラネットに案内があった程度。受講していない。
(2)イントラネット上の案内なので、部署による違いはない。
(3)あったかもしれないが、受けていない。

H氏:ハウスメーカー(開発部)
(1)督促されていない。受講していない。
(2)設計部門の社員に対して、個人の責務を啓発する程度。
(3)なかった。

I氏:不動産会社
(1)督促された。対象者にメールと資料の送付。定期講習は受けていないが、管理建築士に登録するために管理建築士講習は受講した。
(2)部署による違いはない。
(3)なかった。文書配布程度。

所属建築士から外されていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでシェアする


小原 隆日経ホームビルダー

読者のコメント (6 件)  ※[ログイン]すると全文表示、投稿・投票ができます

この記事を書いた人の、周りの建築士仲間のあまりの気楽さにびっくり。
建築士法なんだから少しは気にすべき。「会社が言ってこない」なんて自分の事なのに話にならない。建築士としての自覚が足りなすぎる。

( ebisu 2010/08/26 10:11 )

このコメントが 参考になった: 3  参考にならなかった: 1

以下、長文失礼します。

まず、申込書を書く時点で頭に来る。住所氏名を何度書かせるのか。
実働建築士を把握したいだけのシステムなのでしょうか。

この講習、市役所勤めの公務員や県の職員、確認審査機関の建築士は不要ということなんでしょうが、なぜでしょう。
それでいて、講習内容の一部には指定確認検査機関の業務についてなどという事も盛り込まれています。
そんなものは「建築士事務所に所属する建築士」には関係無いことです。(考査にも出題あり・・・)

また、建築士試験の受験資格の見直しについても、言及がありました。
こんな事、現役の建築士が講義を受ける内容でしょうか・・・(考査にも出題あり・・・)

これらのことは最近改正された法規の事なので講義の内容に含まれているのでしょうが、ばからしいにもほどがあります。

全体的な内容としても、他の講習会で聞いたようなことばかりで(内容は薄い)、真新しいモノがまるで無く、
「講義」も単なる「テキストの読み合わせ会」でした。
最もアホらしいと思ったのは、考査に出そうな箇所にはあらかじめアンダーラインの引いてあるテキスト・・・
「ここは考査に出ますよー」なんて言いながら講義が進む、各種作業主任者の講習のほうがまだマシです。

座席を見回すと、平均年齢はかなり高そうでした。私たちみたいな新米(でも無くなってきたが)なら、仕方ないですが、
大事務所の社長とか、私の親父より年上の方が、このどうしようもない講習を受けている姿には、やりきれない気持ちになります。

私は秋には管理建築士講習も受けねばなりません。
これについても言いたいことは山ほどありますが、割愛。

定期講習についてブログ検索しましたが、ほとんどの方のコメントが受け身で肯定する意見もチラホラあって驚きました。

余談ですが、インテリアプランナー更新講習は、都会に住んでいる方なら3万円ほどですが、地方在住者は高い交通費と宿泊費がかかります・・・

( 2010/08/26 07:32 )

このコメントが 参考になった: 5  参考にならなかった: 2

>建築士資格は更新制度にすべきだと

ということでまた天下り団体に日銭が入るのだけはどうかと思います。

インテリア・プランナーの更新講習なんか半日であまり実務には関係のなさそうな話を聞かされ、それで3万円ほどとられるのですから。

( 2010/08/25 13:09 )

このコメントが 参考になった: 7  参考にならなかった: 0

なんでもお上の仰せのままにっていう体質もどうか?本当にそんなもの必要なのという疑問があると思う。講習の内容にも問題があるでしょうに。もはや、とじられた社会でもなく、国が何かを教えるような代物でもないのでは?管理建築士の講習も内容はひどかったですよ。形式的にしょうがなくやって、ヤクザにショバ代払うのと同じ感覚ではないの?

( 2010/08/24 21:24 )

このコメントが 参考になった: 10  参考にならなかった: 1

建築士資格は更新制度にすべきだと思います。

( 設計屋 2010/08/24 18:49 )

このコメントが 参考になった: 3  参考にならなかった: 11

将来独立したい人は注意ですね。管理建築士の実務期間規定がたりなくならないように注意しないと。

( 2010/08/24 07:55 )

このコメントが 参考になった: 1  参考にならなかった: 2

[ほかの記事へのコメント]

コメントの投稿

ログインするとコメント投稿画面を表示します。非会員の方は、右記の「ご意見投稿フォーム」からコメントを投稿できます。 →ご意見投稿フォーム

ログイン
会員登録

読者の評価

この記事を:
(100%)
(0%)
(0%)
内容は:
(100%)
(0%)
(0%)

<<コメントに関するご注意>>

  • 投稿されたコメントは査読のうえ公開します。コメント末尾の日時は投稿時点のものです。用字用語などは当社規定に沿って変更、明らかな間違いや不適切な表現は原文の意図を損なわない範囲で変更します。不適切と判断したコメントは公開しません。公開後の修正・削除もあります。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • コメントは本サイトや当社媒体に転載する場合があります。その際、読者から寄せられたことを明示します。
  • 記事への質問は問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄に投稿いただきましても回答できません。
  • 投稿の内容について当社は信頼性や適法性を保証しません。トラブルが発生しても責任を負えません。

ページの先頭へ

スマホ表示 印刷 RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加 Facebookでシェアする

ケンプラッツFocus

現在 昨日 週間アクセスランキング(建築・住宅)