• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップITイエイリ建設ITラボ > 記事(前のページ)

ALT

自分で“魚拓”!WEBを保存する「ScrapBook」

2009/07/13

以前、インターネットがダイヤルアップだった時代、夜間の定額サービスを利用して安くネットサーフィンするために「WEB録画ソフト」というものがいろいろと発売されていました。

今は、一日中、定額でブロードバンドが使い放題ですので、録画する必要もないように思いますが、自分用の資料として記録しておきたい場合、ブラウザの「ファイル保存」機能を使うと、一部の画像が抜けたり、レイアウトが崩れたりという問題もよく起こりますね。

この問題を解決してくれる

 

“現代のWEB録画ソフト”

 

が無料で使えるのを知っていましたか。

これは、WEBブラウザの「Firefox」用に作られたアドオンソフトで、その名も「ScrapBook」というものです。このソフトを使うと、WEBを閲覧したときの「キャッシュ」を好きなページの好きな範囲で作ることができ、そのとき見たままの状態で“魚拓”のように保存しておくことができるのです。

Firefox用のアドオンソフト「ScrapBook」で保存した建設ITのページ。左上はIEの「ファイル保存」機能で全体を保存したもの。一部の囲み枠やボタンが再現されていない。左中はIEの「mht」形式で保存したもの。左下と右は「ScrapBook」で保存。細かいところまですべて再現されている(画像:日経BP社)
「ScrapBook」をインストールするとホームページ上の保存範囲を選択し、右クリックで所定のフォルダに保存することができる(画像:日経BP社)
上記の操作で部分的に切り取って保存されたホームページ(画像:日経BP社)

画像でキャプチャーするのと違い、テキスト情報はそのまま残りますので、後でコピー・アンド・ペーストして活用することもできます。

フリーソフトでありながらスゴイのは、さらなる高機能にあります。

家入 龍太ケンプラッツ

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップITイエイリ建設ITラボ > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする