発想がユニーク!外装材を太陽光暖房に使う本日発売の新製品

2008/02/21



管理人のイエイリです。


真冬であっても、天気のよい日には部屋に射し込んだ日光だけで、ポカポカすることがありますね。

太陽エネルギーを直接、暖房に利用するのは、地球環境保護に最も有効な方法の一つです。


新日軽は、ここに着目し、今日(2/21)、新製品を発売しました。



ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、



外装材で太陽光暖房



を実現するものです。


この太陽熱集熱外壁パネル 「ソーラースパンドレル 」という建材は、建物の外壁や駅舎の天井などに

使われるスパンドレルという外装材を暖房に生かすというユニークなアイデアを採用しています。


アルミ製の外装材の内側にある空気が太陽光で暖められると、ファンを使って部屋に導くという

シンプルなもの。意匠、設備、構造と分かれた建築設計の業務のなかで、まさか外装材が

暖房に使えるとは、なかなか思いつかないのではないでしょうか。


さすが、建物をトータルに見る建材メーカーならではの発想といえるでしょう。

装飾窓の上下に施工された「ソーラースパンドレル」 (左右の写真、画像:新日軽のニュースリリースより) ソーラースパンドレルの仕組み。日中、太陽光で外装材の内側の空気が暖められるとファンで室内に導くシンプルなものだ



仕組みはいたってシンプルですが、効果の方は意外とあるようです。


同社の試算によると、一般的な断熱性能を持つ部屋に、2m2のソーラースパンドレルを取り付け、

6〜9畳用のエアコンを併用した場合、CO2の排出量は



北海道の帯広でも37%削減!



されるとのこと。全国的にみても、3割削減は堅いようですから、冬場の暖房システムとして

外装材は見逃せませんね。


建材や空調、電気設備関係の省エネ機器は、いろいろと開発されています。あとは

建築家の皆さんがこれらをどう設計に組み込んでいくかという活用テクニック次第ですね。


いよいよ、建物のエネルギー解析や設備とマッチした設計が本格的に求められる時代に

なったと言えます。みんなで知恵を絞って、建物からのCO2の排出量半減を目指そうでは

ありませんか!


<コメント(旧システムへの投稿分)>

●新日軽だと、しばらく前に発売された「ソーラーウォール」という建材もあります。
http://www.shinnikkei.co.jp/company/news/2007/029.html
システム的には同様のものみたいですね。
投稿者: ひとぴん@エクステリア明日香 | 2008年02月21日 12:01

●太陽熱を利用するほぼ同じ機能のものは「ソーラーウォール」が先にありましたが、この製品は後付感が無いのが良いですね。自宅を建てることになったら検討してみたいです。
投稿者: | 2008年02月21日 17:16

●レトロフィットできるサイディングとしても使えるのでしょうか?
投稿者: pongchang | 2008年02月21日 21:01

家入 龍太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


読者のコメント  ※[ログイン]すると全文表示、投稿・投票ができます

まだコメントがありません。下記のフォームから投稿してください。

[ほかの記事へのコメント]

コメントの投稿

ログインするとコメント投稿画面を表示します。非会員の方は、右記の「ご意見投稿フォーム」からコメントを投稿できます。 →ご意見投稿フォーム

ログイン
会員登録

読者の評価

この記事を:
 
投票なし
 
内容は:
 
投票なし
 

<<コメントに関するご注意>>

  • 投稿されたコメントは査読のうえ公開します。コメント末尾の日時は投稿時点のものです。用字用語などは当社規定に沿って変更、明らかな間違いや不適切な表現は原文の意図を損なわない範囲で変更します。不適切と判断したコメントは公開しません。公開後の修正・削除もあります。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • コメントは本サイトや当社媒体に転載する場合があります。その際、読者から寄せられたことを明示します。
  • 記事への質問は問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄に投稿いただきましても回答できません。
  • 投稿の内容について当社は信頼性や適法性を保証しません。トラブルが発生しても責任を負えません。

ページの先頭へ

印刷 RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

ケンプラッツFocus

現在 昨日 週間アクセスランキング(建設IT)