• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

東京大改造

西武新宿線でも連続立体化が始まった

2013/12/24

中野区の中井駅─野方駅間は地下化

 西武新宿線の中井駅─野方駅間の連続立体交差事業では約2354mの区間を地下化する。合計7カ所の踏切を除去する。これに伴って、新井薬師前駅と沼袋駅は地下化する。総事業費は726億円で、20年度の事業完了を目指す。

中井駅─野方駅間の連続立体交差事業の概要(資料:東京都)

地下化する中井駅─野方駅間の縦断図(資料:東京都)

野方駅の東端の様子。連続立体交差化されると、地上を走る列車が地下から出入りする風景に変わる(写真:山崎 一邦)

山崎 一邦=フリーライターケンプラッツ

2020年に向けて東京はこう変わる──
東京大改造マップ2017-2020

Amazonでご購入
日経BP書店でご購入

  • 日経アーキテクチュア(編)
  • 定価:本体1,200円+税
  • 発行日:2017年1月30日
  • 詳細・目次一覧

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする