• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

東京大改造

西武新宿線でも連続立体化が始まった

2013/12/24

東村山駅はホームを集約

 この立体交差化に伴って、東村山駅は高架構造とする。現在は3面6線の島式ホームを設置している駅を、2面4線に集約して高架化する。西武鉄道によれば、国分寺線と西武園線は単線で営業しており、集約しても運行に影響はないという。

東村山駅のホームから国分寺、新宿方向を望む(写真:山崎 一邦)

高架化する東村山駅の横断図(資料:東京都)

 むしろ、ホームの集約によって、西武新宿線から国分寺線に乗り継ぐ場合などに利便性が高まるとみている。現状では駅の東端にある西武新宿線ホームから国分寺線に乗り換える場合、跨線橋で西端のホームまで渡らなければならないからだ。

 東京都によれば、東村山駅周辺の立体交差事業は12月20日時点で用地取得や工事の発注に向けて準備している段階。事業は2024年度に完了する予定だ。総事業費は側道の整備も含めて714億円に及ぶ。

山崎 一邦=フリーライターケンプラッツ

2020年に向けて東京はこう変わる──
東京大改造マップ2017-2020

Amazonでご購入
日経BP書店でご購入

  • 日経アーキテクチュア(編)
  • 定価:本体1,200円+税
  • 発行日:2017年1月30日
  • 詳細・目次一覧

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ東京大改造 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする