• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップスゴイ現場 > 記事(前のページ)

スゴイ現場

一夜で“再現”「撤去した首都高」

首都高八重洲線架け替え工事

2013/04/24

 東京都心部と臨海部を結ぶ環状第2号線の整備に伴い、2012年7月から長期間通行止めにして高架橋を架け替える工事が進む首都高速道路八重洲線。撤去した交差点上の高架橋(関連記事:環二のため首都高撤去、八重洲線で)を、橋脚の位置を変えて再び架ける。

 都心部で一般道の交通規制を最小限に抑えるために、橋桁を一夜で一括架設する工事だ。4月14日未明、汐先橋交差点での工事に密着した。

架設する鋼桁を乗せた多軸台車が交差点上で転回する。午前0時52分撮影(写真:勝田尚哉)

多軸台車まわりやベント、橋脚上に、多数の人影が見える(写真:勝田尚哉)
環状第2号線と首都高八重洲線の交差部
(資料:首都高速道路会社)

勝田 尚哉=写真家・ライターケンプラッツ

建設会社決算ランキング2017──2017年9月11日号を公開しました

2016年度決算に関する数々の報道で「過去最高益」の文字が躍った建設業界。20年の東京五輪が終わった後も大型投資が続くとの見方が大勢だ。しかし、好調な業績の下で人件費上昇など利益を圧迫する要因がいよいよ顕在化する。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップスゴイ現場 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする