• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

インフラ老朽化の将来(1) ストックのピークは7年後

2013/04/08

ALT

中央自動車道の笹子トンネルの事故を機に、インフラの老朽化に対する社会の関心が高まってきた。高度経済成長期に建設した構造物の老朽化が指摘されているが、これまでの建設投資のトレンドを眺めると、1990年前後に整備したインフラも膨大な量に上る。「国土強靭化」に向けて維持・補修関連の予算も増えつつあるとはいえ、すべてを維持し続けることは難しい。この連載では、インフラをめぐる老朽化のトレンドを主に定量的な側面から俯瞰。維持・更新投資額や社会資本ストックの将来推計を通して、人口減少社会におけるインフラの維持可能性や対処法について考える。

まだCIM始めてないの?──2017年10月9日号を公開しました

建設事業の川上から川下まで一貫して3次元モデルを共有することを目的に、国がCIM推進の大号令をかけて5年。この3月にはガイドラインができ、今後、基準類の整備も予定されている。近く到来する「CIM原則化」の波に乗り遅れるな!
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする