• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

交渉術入門(実践編4) 元請け会社に損失額を請求する

2012/04/26

前回の第3回では、元請け会社の視点から協力会社との交渉のポイントを解説した。一方、協力会社にとって、追加の費用が支払われるか否かはより深刻な問題と言える。例えば、主に土留めや足場などの仮設工事を専門に手がけているD社の社長は次のように話している。「当社は元請け会社と交わした注文書の契約に基づいて作業を進めていますが、途中に変更があったり作業が中断するなど、手待ちや手戻りがよく生じます。元請け会社の都合によるものであっても、請求した損失金額をすべて支払ってもらえません。赤字になることが大半です。このようなとき、どのような交渉を心掛けたらよいのでしょうか?」。

まだCIM始めてないの?──2017年10月9日号を公開しました

建設事業の川上から川下まで一貫して3次元モデルを共有することを目的に、国がCIM推進の大号令をかけて5年。この3月にはガイドラインができ、今後、基準類の整備も予定されている。近く到来する「CIM原則化」の波に乗り遅れるな!
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする