• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

交渉術入門(基本編5) 発注者の意図を見抜く

2012/03/29

E社は、工場の建設や道路工事を得意とする中堅クラスの建設会社。経営は安定しており、技術力にも定評があることから、見積もりの依頼を受けるケースが多い。しかし、最近は不十分な図面を基にした見積もり依頼が増えており、さらに営業の担当者が安易に引き受けてくることもあって、工事部や工務部の担当者が右往左往することがよくあるという。先日も、自動車工場の舗装を「10年もつ」という条件だけで見積もるよう求められたほか、物流施設の概略図(基本計画)を渡されて工事費の見積もりを依頼された。このような依頼に対処するには、どのような交渉力が必要なのだろうか?

まだCIM始めてないの?──2017年10月9日号を公開しました

建設事業の川上から川下まで一貫して3次元モデルを共有することを目的に、国がCIM推進の大号令をかけて5年。この3月にはガイドラインができ、今後、基準類の整備も予定されている。近く到来する「CIM原則化」の波に乗り遅れるな!
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする