• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

福島第一の津波は13m、波形のピーク重なり巨大化

2011/07/12

ALT

東京電力は7月8日、東日本大震災で福島第一原子力発電所と福島第二原発にそれぞれ来襲した津波の高さを数値解析で求め、初めて公表した。福島第一原発の津波は最大で13.1m、福島第二原発は最大で9.1mと推定。南北方向に10kmほどしか離れていない両原発で差が出た理由について、福島第一原発では複数の波源断層から生じた津波の波形のピークが重なり合ったためと説明する。

インフラから始める地方創生──2017年9月25日号を公開しました

多くの自治体が税収減や福祉予算の増加に頭を抱えるなか、新幹線や高速道路といった従来型のインフラ整備による地域振興策には限界がある。一方、規模は小さくても設計や施工、運営に住民や企業を巻き込むことによって、インフラは地域を活性化する起爆剤となる。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする