• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

小回り利く床版補強工法、大林組など3社共同開発

2011/07/01

ALT

大林組は、トクヤマ(東京都渋谷区)と萩原工業(岡山県倉敷市)と共同で、道路橋の床版を小型設備を使って上面増し厚補強する「タフスラブ・ラピッド工法」を開発した。ポンプ圧送できる流動性の高い特殊なモルタルを開発したことで、従来工法に比べて製造設備や施工機械は小型のもので済む。

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)