• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

事業の「教訓」を明確化、関東地整が事後評価で初採用

2011/02/09

ALT

何が反省点で、今後どうしたらいいのか──。国土交通省関東地方整備局は公共事業の事後評価の際に、得られた知見を説明資料に盛り込む取り組みを始めた。事業から得た教訓を次年度以降に生かそうという試みだ。1月14日の事業評価監視委員会(委員長:家田仁・東京大学大学院教授)で採用した。

まだCIM始めてないの?──2017年10月9日号を公開しました

建設事業の川上から川下まで一貫して3次元モデルを共有することを目的に、国がCIM推進の大号令をかけて5年。この3月にはガイドラインができ、今後、基準類の整備も予定されている。近く到来する「CIM原則化」の波に乗り遅れるな!
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする