• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

高速4車線化は全面凍結、補正見直しで国交省

2009/10/14

 国土交通省の馬淵澄夫、辻元清美両副大臣と3人の政務官は10月9日、そろって会見し、2009年度補正予算の執行を停止する事業の内訳を初めて公表した。高速道路6区間の4車線化や東京外かく環状道路の新規着工は凍結。一方、整備新幹線や羽田空港C滑走路延伸は継続する。分野別に明暗が分かれた格好となった。ただし、線引きの基準は不明確だ。

09年度補正予算の見直しに関して会見に臨む馬淵澄夫国土交通副大臣(左)と辻元清美国交副大臣(写真:日経コンストラクション)

 09年度補正予算の見直しは、民主党が衆院選のマニフェスト(政権公約)に掲げていた。鳩山由紀夫首相が9月18日、全省庁に対して見直しを指示。各省庁が10月2日までに提出した削減額の合計は2兆5169億円で、目標の3兆円に届かなかった。鳩山首相は上積みを指示し、各省庁は9日に削減額を再提出した。最終調整を進め、16日に閣議決定する。

国交省補正予算は9170億円、4割が執行停止に

 国交省の補正予算額2兆3321億円のうち、2日の一次回答では8875億円の削減額を提出。9日の二次回答で295億円上積みした9170億円の削減額を提出した。補正予算の約4割が執行停止になる。前原誠司国交相は13日の閣議後の会見で、二次回答後にさらなる上積みの指示はないことから、国交省分はこれで決まるとの見通しを示した。

■分野で明暗分かれる2009年度補正予算の執行停止と継続
分野主な施策と事業内容補正予算額
(億円)
執行停止額
(億円)
割合
(%)
道路「国土ミッシングリンク」の結合
・東京外かく環状道路(関越~東名間)など高速道路4区間の新規着工
1441664.6
交通の安全確保対策
・関越道上越線(信濃町~上越JCT)など高速道路6区間の4車線化
3127261383.6
社会資本ストックの耐震化・予防保全対策
・首都高速、阪神高速の耐震補強
1953121162.0
新幹線整備新幹線整備事業
・北海道、東北、北陸、九州、九州・長崎ルートの新幹線5路線の整備費
733 00
港湾・空港羽田空港の容量拡大・機能強化
・羽田空港C滑走路の延伸、鳥の衝突事故防止
669.514.4
一般空港整備など26316964.2
大型船舶に対応した産業港湾インフラの刷新など86030034.9
スーパー中枢港湾の機能強化850354.1
建築・その他官庁営繕事業20419294.2
都市開発資金貸付金2000132566.3
都市再生事業の緊急支援事業100072572.5
住宅ローンの信用収縮対策など3530200056.7
国民の安全・安心を確保するための気象災害対策などの強化
・ゲリラ豪雨対策
622.74.4
国交省全体23321917039.3

渋谷 和久日経コンストラクション

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)