• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

補修の採算割れリスクにどう対処すべきか

2009/09/03

ALT

「新設時に比べて条件が厳しく、利益を十分に見込めない」。補修の仕事を敬遠する受注者から、よく聞く話だ。例えば工事では、材料の搬入や重機の使用、施工時間などに大きな制約を受けがちだ。作業内容の変更も生じやすい。そのことで工程が圧迫されても、工期の延長はなかなか認めてもらえない。施工者は、工期に間に合わせるために昼夜兼行の突貫工事を余儀なくされ、採算割れに陥る。

敵か味方か「建設スタートアップ」──10月23日号を公開しました

革新的な技術を武器に急成長を目指す「スタートアップ」企業が、建設市場で存在感を増している。現状で満足する者には秩序を乱す敵となり、成長を志す者には心強い味方となる。あなたの目には、どう映る?
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする