• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

物価スライド条項の運用始まる(4)、民間工事の適用には課題が山積み

2008/07/14

 民間工事でも単品スライドの適用を求める動きが広がっている。国土交通省は同条項を発動した6月13日付けで、日本経済団体連合会や不動産団体連合会に対し、単品スライドの内容を通知して適用を促した。民間工事の大半を占める建築工事は鋼材比率が高いので、適用となれば影響が大きい。建築業協会は、鋼材価格が1.5倍になった場合の全体工事費の上昇率をRC造のマンションが3.4%以上、S造の事務所ビルが4.2%以上、S造の工場と倉庫が8.2%以上と試算する。ただ、補てん額は会社同士の個別交渉に基づくので、適用に際しての課題は多い。

敵か味方か「建設スタートアップ」──10月23日号を公開しました

革新的な技術を武器に急成長を目指す「スタートアップ」企業が、建設市場で存在感を増している。現状で満足する者には秩序を乱す敵となり、成長を志す者には心強い味方となる。あなたの目には、どう映る?
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする