• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

石積高架橋の床版高の施工ミスを桁端部の補修だけで修正

2007/09/18

ALT

 国土交通省東北地方整備局が宮城県の仙台北部道路に架けた石積(ルビ:いしづもり)高架橋で,床版高が設計より最大84mmも高く,規格値を満たしていないことが判明した。同橋は,長さ241mの鋼6径間連続2主桁橋で,幅員は10m。施工者の東綱橋梁(東京都中央区)が高さのデータを改ざんしたため,発注者は施工ミスを発見できず,2007年3月28日に実施した工事完成検査では合格としていた。

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)