日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

増し厚が34mmの耐震補強工法を初採用

2007/09/04

ALT

 岐阜県恵那市内を流れる上村川に架かる国道257号の野口橋は,岐阜県が緊急輸送道路として耐震補強を急いでいる橋だ。橋脚は既設の状態でも河積阻害率が8%を超え,河川構造令に抵触している。補強すれば厚さは増し,阻害率がより悪化することは避けられない。影響を最小限に抑えたい県は,施工者の設計変更提案を認め,全国で実績が1件もなかった新工法の採用に踏み切った。増し厚はわずか34mmで済む。

2018年を読む20語 ──2018年1月8日号を公開しました

大手4社の談合疑惑というビッグニュースが昨年末に飛び込んできたリニア中央新幹線。総工費9兆円の巨大事業の行方はどうなるのか──。土木界の2018年をキーワード20語で読み解く。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

読者のコメント※[ログイン]すると全文表示、投稿・投票ができます

  • まだコメントがありません。下記のフォームから投稿してください。

コメントに関するご注意

  • ・投稿されたコメントは査読のうえ公開します。コメント末尾の日時は投稿時点のものです。用字用語などは当社規定に沿って変更、明らかな間違いや不適切な表現は原文の意図を損なわない範囲で変更します。不適切と判断したコメントは公開しません。公開後の修正・削除もあります。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ・コメントは本サイトや当社媒体に転載する場合があります。その際、読者から寄せられたことを明示します。
  • ・記事への質問は問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄に投稿いただきましても回答できません。
  • ・投稿の内容について当社は信頼性や適法性を保証しません。トラブルが発生しても責任を負えません。

日経コンストラクショントップニュースとコラム > 記事(前のページ)