• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ編集長が語る日経コンストラクションの見どころ > 記事(前のページ)

編集長が語る日経コンストラクションの見どころ

「役に立つ」より「ワクワクする」ICT活用

2015/06/19

 日経コンストラクションでは毎年、土木でのICT(情報通信技術)活用に関する特集記事を掲載しています。ICTに関して土木が建築と大きく違うのは、土木の場合は「国の施策ありき」という側面が強い点です。

 近年、ICT特集で主に取り上げている情報化施工やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)は、国土交通省が旗を振って普及を促進しているテーマです。情報化施工用の機器を自ら進んで導入し、便利さや効率の良さを実感している会社もありますが、今はまだ「やらざるを得ないから」始めたところの方が多い気がします。

 一方で、電子機器類には「どのぐらい役立つかは分からないけど、何かおもしろそう」という魅力があるのも事実でしょう。実際、土木のICT活用でも、“ワクワク感”のあるものが出てきています。日経コンストラクション6月22日号の特集「建設ICT2015 じわりと広がる進化形への挑戦」では、そうしたアイテムの活用についても取り上げました。


日経コンストラクション2015年6月22日号特集「建設ICT2015 じわりと広がる進化形への挑戦」から

 その最たるものが、ドローン(UAV、無人航空機)ではないでしょうか。先日の首相官邸への落下事件などもクローズアップされていますが、「正しく」使えば様々な効果が得られる機器です。さほどの費用と手間をかけずに、自分が携わる現場の様子をつぶさに、そしてリアルタイムに、見たり測ったりすることができるわけですから。

 特集記事では、岐阜県高山市内の道路建設現場でのドローン活用事例を取り上げています。複数の地元建設会社が、発注者や社内への進捗報告、施工手順の検討、住民説明などに利用して効果を上げています。元々はある1社が導入したのがきっかけですが、その様子を見聞きした他社がこぞって導入を決め、瞬く間に広まったといいます。

 効果の有無はもちろんですが、「おもしろそうだからちょっと使ってみたい」と思う人が多かったことが、一気に広まった要因なのではないかと考えます。単に「役に立つ」ものよりも、「役に立つかどうか分からないけどワクワクする」ものの方が、早く普及するのは間違いありません。使ってみておもしろければ、誰に言われなくてもいろいろ工夫しますから、おのずとさらなる効率化につながっていくでしょう。

野中 賢=日経コンストラクション編集長日経コンストラクション

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ編集長が語る日経コンストラクションの見どころ > 記事(前のページ)