• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップしあわせな働き方 > 記事(前のページ)

しあわせな働き方

増えるアウトソースに応える

戦力化するシニア5 エス・エス・ティー、地質情報整備・活用機構

2013/12/24

エス・エス・ティーの土屋社長(写真:日経コンストラクション)

 いわばフリーランスのシニア技術者をネットワーク化して、土木構造物の点検・調査に特化した事業を展開するのはエス・エス・ティー(東京都台東区)。清水建設の土木技術職だった土屋郁夫社長は01年に50代半ばで退職後、事業を興した。

 地域の建設コンサルタント会社から請け負う橋梁などの点検・調査が事業のメーンだ。社員は3人で、土屋社長自らもプレーイングマネジャー。学生時代や建設会社時代からの知人で既に退職した技術者たちを案件ごとに“相棒”として招き、主に関東圏内を飛び回っている。

点検作業の様子。橋梁点検では、旧知の退職技術者たちを案件ごとに“相棒”として招いて、一緒に活動する(写真:エス・エス・ティー)

 自治体、なかでも市町村が委託する点検・調査業務は、発注金額は数百万円レベルでも対象件数は非常に多いといった場合も少なくない。元請けの手が回らない状況にこそ、アウトソーシングのニーズがある。

 「維持管理分野では、こうしたアウトソーシングのニーズは今後も増えるだろう」。シニアの知見を生かせる場も、さらに拡大すると土屋社長は考えている。

下田 健太郎=日経コンストラクション、奧野 慶四郎=フリーライター日経コンストラクション

インフラから始める地方創生──2017年9月25日号を公開しました

多くの自治体が税収減や福祉予算の増加に頭を抱えるなか、新幹線や高速道路といった従来型のインフラ整備による地域振興策には限界がある。一方、規模は小さくても設計や施工、運営に住民や企業を巻き込むことによって、インフラは地域を活性化する起爆剤となる。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップしあわせな働き方 > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする