• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ編集長が語る日経コンストラクションの見どころ > 記事(前のページ)

編集長が語る日経コンストラクションの見どころ

「経済性」「安全性」だけでは良い構造物にならない

2013/07/05

 昨年12月の中央自動車道・笹子トンネルの事故以来、インフラ維持管理の重要性が社会に広く認知されました。国も自治体も、構造物の点検や補修に多くの予算を確保し、取り組みを始めています。

 しかし、点検や補修は必ずしも容易ではありません。例えば事故が起こった笹子トンネルでは、天井板からトンネル頂部までの高さが5m以上あり、足場がないとアンカーボルトを間近で点検できない構造でした。こうした維持管理のしにくさが、事故に結び付いた可能性も考えられます。

 そもそも設計の時点で、維持管理のしやすさを考慮しておくべきではないのか――。日経コンストラクション7月8日号では、特集「維持管理しやすい設計」を企画しました。


日経コンストラクション2013年7月8日号特集「維持管理しやすい設計」から

 こうした考え方をいち早く取り入れ始めたのが道路橋です。2012年に示方書が改訂され、「維持管理の確実性および容易さ」を考慮するように求めています。本誌は道路橋の最新動向を取材し、維持管理を重視した設計の在り方を探りました。

 特集記事では、大きく三つのトピックスを取り上げています。一つは、経済性に優れるものの、補修の難しさが懸念された「少数鈑桁橋」。もう一つが、点検に手間のかかる支承を損傷しにくくする工夫や、支承そのものを省略する構造形式。そして三つ目が、経済性と維持管理性をてんびんにかけつつ、新しいアプローチでの設計を試みた宮城県・大島架橋の事例です。いずれも、「維持管理しやすい設計とは何か」を考える絶好のヒントになると思います。

 特集記事では、取り組みが先行している道路橋を対象として取り上げましたが、根本的な思想はほかの構造物でも同様です。また、単に設計者だけが気を付ければ良いという話ではありません。維持管理しやすいインフラは、発注者が設計思想を施工者に確実に伝え、施工者がそれを踏まえて施工することで初めて完成します。インフラの整備に携わる全ての技術者に、ぜひお読みいただきたい特集です。

野中 賢=日経コンストラクション編集長日経コンストラクション

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ編集長が語る日経コンストラクションの見どころ > 記事(前のページ)