• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ土木のチカラ > 記事(前のページ)

ALT

完成間近の"ハイブリッド空港"、羽田D滑走路(土木のチカラ2010)

2009/11/19

24時間運用の国際的拠点(ハブ)空港にする──。前原誠司国土交通相の発言で注目が高まる羽田空港。現空港島の南側に建設中のD滑走路は、埋め立てと桟橋を組み合わせた、世界でも珍しい“ハイブリッド滑走路”となる。2010年10月の使用開始に向け、工事は佳境を迎えている。


羽田空港再拡張工事のひとこま。サンドコンパクション船やサンドドレーン船と呼ばれるこれらの船の上から、海底を地盤改良する。2007年9月撮影(写真:大村 拓也)

桟橋部と埋め立て部の接続部分の護岸には、前面に多数の円柱が立ち並ぶ。列柱の消波機能によって、隣接する桟橋を暴風時の波から守る(写真:大村 拓也)

桟橋部の鋼製ジャケットを据え付ける。このジャケットはD滑走路の南側の辺りに位置する。既に据え付けられた桟橋上では、プレキャスト製のPC床版の設置が進んでいる。09年4月撮影(写真:大村 拓也)

大村 拓也=フリーライター日経コンストラクション

インフラから始める地方創生──2017年9月25日号を公開しました

多くの自治体が税収減や福祉予算の増加に頭を抱えるなか、新幹線や高速道路といった従来型のインフラ整備による地域振興策には限界がある。一方、規模は小さくても設計や施工、運営に住民や企業を巻き込むことによって、インフラは地域を活性化する起爆剤となる。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ土木のチカラ > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする