• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップ編集長が語る日経コンストラクションの見どころ > 記事(前のページ)

編集長が語る日経コンストラクションの見どころ

こんな図面では造れない、さあどうする?

2009/07/23

 こんな図面では造れないーー。施工することを考えずに図面を描いているとか、詳細図の不備でどう造ればいいかが分からないといった問題は、以前からありました。ここにきて建設会社や橋梁メーカーなどが建設コンサルタント会社への水面下の設計協力をやめたこともあって、問題は深刻化しています。加えて、施工を担う建設会社の技術力の低下が施工品質そのものを脅かしています。

 問題が端的に表れている図面の一つが配筋図です。配筋が過密なために、配筋図どおりに鉄筋を組めないのです。阪神大震災を機に耐震基準が強化されて配筋が過密になっただけでなく、有能な鉄筋工の減少が問題を厄介にしています。コンクリート構造物の品質低下が心配です。

 日経コンストラクション7月24日号の特集は「組めない配筋図」と題し、こうした配筋図の問題に焦点を当てて、問題解決の手だてを探りました。誌面は過密配筋のオンパレード。過密配筋の図面や写真がこれでもかというぐらい出てきますが、具体例を挙げて施工段階での対処法と設計段階での対処法を示しています。ぜひご一読ください。

畠中 克弘=日経コンストラクション編集長日経コンストラクション

敵か味方か「建設スタートアップ」──10月23日号を公開しました

革新的な技術を武器に急成長を目指す「スタートアップ」企業が、建設市場で存在感を増している。現状で満足する者には秩序を乱す敵となり、成長を志す者には心強い味方となる。あなたの目には、どう映る?
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップ編集長が語る日経コンストラクションの見どころ > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする