• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

接合部は磁石、隈研吾氏の透明方丈庵が完成

2012/10/22

ALT

隈研吾氏が設計した「800年後の方丈庵」が京都市左京区の下鴨神社内に完成し、記念企画として隈研吾氏と養老孟司氏(解剖学者)の対談が10月15日に行われた。2人の背後にある建物は、構造材のスギ材が宙に浮いているかのように見える。接合部はなんと磁石。鴨長明が過ごした方丈庵を、隈氏が現代的に解釈し直した仮設建築だ。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)