接合部は磁石、隈研吾氏の透明方丈庵が完成

2012/10/22

隈研吾氏が設計した「800年後の方丈庵」の前で対談する隈研吾氏と養老孟司氏。対談は「現代の方丈庵を考える」をテーマに、10月15日の夜に行われた(写真:日経アーキテクチュア)
隈研吾氏が設計した「800年後の方丈庵」の前で対談する隈研吾氏と養老孟司氏。対談は「現代の方丈庵を考える」をテーマに、10月15日の夜に行われた(写真:日経アーキテクチュア)

隈研吾氏が設計した「800年後の方丈庵」が京都市左京区の下鴨神社内に完成し、記念企画として隈研吾氏と養老孟司氏(解剖学者)の対談が10月15日に行われた。2人の背後にある建物は、構造材のスギ材が宙に浮いているかのように見える。接合部はなんと磁石。鴨長明が過ごした方丈庵を、隈氏が現代的に解釈し直した仮設建築だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでシェアする

宮沢 洋日経アーキテクチュア

読者のコメント (6件) ※[ログイン]すると全文表示、投稿・投票ができます

おそらくコストの半分以上はネオジム磁石だと思いますよ

(2012/10/29 18:22)

材料費250万かかったことが事実であれば、誰がそんな高いお金で材料をしいれたのか?写真も見る限り杉材……

(2012/10/26 08:31)

なんでこの場所に。。「サクヒン」作品作る!

(2012/10/25 14:33)

後になって気づきました。発想も素材もビニールハウスだコレ。ETFEもビニールハウスに使われてるものだ……

(yamamomo 2012/10/25 13:10)

「浮いている」「浮遊感」「建築家」を自称するセンセイや、「建築家」を目指す人々が良く使うフレーズです……

(2012/10/24 14:24)

折りたためる・人力で運べるというコンセプトが突詰められており素晴しいと思うのですが、これってどういう……

(yamamomo 2012/10/24 12:26)

[ほかの記事へのコメント]

コメントの投稿

ログインするとコメント投稿画面を表示します。非会員の方は、右記の「ご意見投稿フォーム」からコメントを投稿できます。 →ご意見投稿フォーム

ログイン
会員登録

読者の評価

この記事を:
  (100%)
 
 
内容は:
  (66%)
  (13%)
  (20%)

<<コメントに関するご注意>>

  • 投稿されたコメントは査読のうえ公開します。コメント末尾の日時は投稿時点のものです。用字用語などは当社規定に沿って変更、明らかな間違いや不適切な表現は原文の意図を損なわない範囲で変更します。不適切と判断したコメントは公開しません。公開後の修正・削除もあります。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • コメントは本サイトや当社媒体に転載する場合があります。その際、読者から寄せられたことを明示します。
  • 記事への質問は問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄に投稿いただきましても回答できません。
  • 投稿の内容について当社は信頼性や適法性を保証しません。トラブルが発生しても責任を負えません。

ページの先頭へ

スマホ表示 印刷 RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

ケンプラッツFocus

BizTarget
ミライレンズ

現在 昨日 週間アクセスランキング(建築・住宅)