日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

建築や土木で最も役立つ資格は?

2012/01/20

 実務に携わる上で必要不可欠な国家資格は、たくさんの人が取得し、役に立つと認識するのは当然だ。ケンプラッツ読者を対象に実施した資格実態調査でも、建築・住宅分野では、最も役立つ資格の1位となったのは、ダントツに取得済みとの回答が多かった一級建築士。予想通りの結果となった。

 ところが土木分野では、ちょっと様相が違う。取得済みが最も多かった一級土木施工管理技士(220)は、最も役立つでは76で2位にとどまった。1位は、92の技術士(建設部門)。取得済みとの回答は136で2位だった。つまり、取得済みの67.6%、実に7割近くが「最も役立つ」と回答している。

 一級土木施工管理技士の場合、取得済みのうち最も役立つと答えた割合は33.6%にとどまる。一級土木施工管理技士よりもスキルに差が付く資格として、技術士(建設部門)が注目されていることが伺える。

 取得済みの回答が多い資格のうち、最も役立つと答えた割合が高い資格は、技術士(総合技術監理部門)27.3%、コンクリート診断士24.2%、RCCM24.0%などだ。実務者にとって役立つ資格といえそうだ。

土木分野の実務者が「最も役立つ」と答えた資格上位12種。トップは技術士(建設部門)で92、2位は一級土木施工管理技士で76、3位はコンクリート診断士で24、4位は技術士(総合技術管理部門)とRCCMが12で並んだ。6位以下は回答が1桁で、一級建築士、コンクリート技士、測量士の順。9位には、労働安全コンサルタント、コンクリート主任技士、技術士補、地質調査技士が同数で並ぶ(資料:ケンプラッツ)

土木分野の実務者が取得済みの資格上位10種について、「最も役立つ」の回答が占める割合を記した。最も高いのは技術士(建設部門)の67.6%。以下、一級土木施工管理技士33.6%、技術士(総合技術監理部門)27.3%、コンクリート診断士24.2%、RCCM24.0%が比較的高い。資格の右にカッコで記した数字は「取得済み」の回答数(資料:ケンプラッツ)

圧倒的な支持、一級建築士

 建築・住宅分野で最も役立つ資格は、前述の通り一級建築士だ。数としては243と土木を含めても圧倒的に多い。2位はガクンと減って29の一級建築施工管理技士、3位が26の二級建築士、4位が10の宅地建築物取引主任者。2桁の回答があったのはここまでで、5位の構造設計一級建築士以下は1桁だ。圧倒的に一級建築士が支持を得ている。

 取得済みの回答が多い10種の資格について、最も役立つと答えた割合も調べた。最も高いのは、一級建築士で76.4%。次に多いのが構造設計一級建築士の34.6%。以下、一級建築施工管理技士21.2%、二級建築士15.9%、一級管工事施工管理技士13.8%、宅地建物取引主任者12.5%の順だ。

 一級建築士はしばしば「足の裏の米粒」に例えられる。取らないと気持ち悪いが、取っても食えない、という意味だ。とはいえ、多くの実務者が一級建築士よりも役立つと思える資格はないととらえている。建築・住宅分野では、一級建築士の取得を重視する時代がしばらく続きそうだ。

建築・住宅分野の実務者が「最も役立つ」と答えた資格上位10種。1位は243の回答があった一級建築士。土木を含めても最多だ。2位以下は、一級建築施工管理技士29、二級建築士26、宅地建物取引主任者10と続く(資料:ケンプラッツ)

建築・住宅分野の実務者が、取得済みの資格上位10種について、「最も役立つ」の回答が占める割合を記した。最も高いのは一級建築士で76.4%。次が構造設計一級建築士の34.6%。このほか、一級建築施工管理技士21.2%、二級建築士15.9%、一級管工事施工管理技士13.8%、宅地建物取引主任者12.5%が比較的高い。資格の右にカッコで記した数字は「取得済み」の回答数(資料:ケンプラッツ)

「最も役立つ資格」全回答

 資格実態調査は、2011年12月7日から21日まで実施して、ケンプラッツの読者724人から回答を得た。専門分野の内訳は、「建築・住宅」とした回答が435、「土木」が289だった。

 以下に、建築・住宅分野と土木分野の実務者が「最も役立つ」と答えた資格の全回答を掲載する。

建築・住宅分野の実務者が「最も役立つ」と答えた資格の全回答(資料:ケンプラッツ)

土木分野「最も役立つ資格」全回答

土木分野の実務者が「最も役立つ」と答えた資格の全回答(資料:ケンプラッツ)

桑原豊 [ケンプラッツ

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)