ALT

サグラダ・ファミリアの彫刻家ブルーノ・ガジャル氏(左)が取り組んでいるのは、サグラダ・ファミリアの扉に刻む文字。石膏に彫刻し、それを型にして青銅製の扉をつくる。仕事にのめりこんで疲れたら、「少し休めばいいんだよ」と笑う(写真:川口忠信)