ニュース

震災教訓:高地移転に潜む地すべりのリスク

釜井俊孝・京都大学防災研究所教授

2011/09/15

東日本大震災では盛り土宅地のリスクが明らかになりました。仙台市で象徴的な場面に出くわしました。「売り地」の看板を掲げた宅地の隣で、地すべりによって傾斜した建物を取り壊し作業中だったのです。「売り地」の看板を掲げた宅地も、盛り土していた部分が地すべりの被害を受けていました。盛り土宅地が抱えていたリスクが、地震によって明らかになったのです。もう買い手はつかないでしょう。

構成:桑原豊ケンプラッツ