• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

ニュース

大地震でも損傷しない建物を実現する1000N級鋼材を開発

2008/10/31

ALT

 住友金属工業は、大阪大学、京都工芸繊維大学、日建設計、片山ストラテックとの共同研究グループで、大地震でも建物の構造部材が損傷せず、その後も使用できる超高強度鋼を開発し、今年6月に大臣認定を取得した。この超高強度鋼は、1000N/mm2級の超高強度厚鋼板で、引張強さが950N/mm2級、降伏強さは880N/mm2に及ぶ。現在、建築分野で一般に用いられている最高の引張強さをもつ590 N/mm2級鋼(降伏強さ:440N/mm2)に比べて2倍の降伏強度となる。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)