• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

プロジェクト

リプラスが大久保のホテルを高級志向のコンバージョンで再生

2008/03/06

ALT

 コンバージョン(用途転換)事業を手がけるリプラス(東京・港)の子会社、リプラス・アドバイザーズ(同)が企画開発を実施したサービスアパートメントと商業施設の複合施設「HUNDRED CIRCUS East Tower(ハンドレッド・サーカス・イースト・タワー)」が2008年3月1日にオープンした。東京・大久保(新宿区百人町)の旧ホテル海洋をコンバージョンしたプロジェクトだ。取得費用などを含めた総事業費は約170億円。全体内装計画をスウェーデンのデザインユニットCKR、居室の内装デザインを建築家の永山祐子氏、山口誠氏ほかが担当した。写真を交えて紹介する。

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップニュースとコラム > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする