• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経コンストラクショントップWIRED.jp > 記事(前のページ)

WIRED.jp

線路に火? 実は凍結防止の「カンテラ」(動画)

2014/02/13

記録的な寒波に見舞われている米国では、線路上で火を焚いている風景が見られる。線路の分岐器の凍結を防止するためだ。日本での動画も紹介。

 冬の嵐であらゆる種類の交通機関が麻痺しても、電車だけはどうにか動いているだろうと期待するのが普通だ。だが、この冬米国の多くを襲った極渦は、電車さえ止めてしまうほど勢いが強い。

 そのため、ロングアイランド鉄道では、線路に火をつけて回っている。

 寒波が襲ってきたときに問題が起こるのは、電車ではない。線路を走る電車に指令を出すスイッチ(分岐器)が凍ってしまうのだ。スイッチが機能しなくなると、路線全体が危険に晒される可能性がある。そこで、ロングアイランド鉄道では、スイッチの機能を維持するために、灯油や天然ガスを燃やすという、何世紀も前から続くやり方で、すべての電車が順調に運行できるようにしている。

 ロングアイランド鉄道は、米国で最も利用者の多い通勤路線を抱えており、700マイル(約1,127km)にのぼる路線のあちこちにスイッチ・ヒーターを設置している。ほとんどのヒーターは電熱式の装置を使用しているが、他の旧式のヒーターでは天然ガスを燃やしており、さらに古い「スイッチ・ポット」では灯油を燃やしている。

 保線作業員らは、吹きすさぶ嵐の中を作業に出かけ、ヒーターに火をつけたり、スイッチにヘキサン(ベンジンの主成分)をかけたりしている(その後、ヘキサンに火をつけて氷を溶かす)。

 もちろん、温風を吹き付けて氷を溶かすなど、もっと洗練されたやり方もある。だが、自律運転車などの驚くべき最新技術が登場する今の時代に、火だけで氷を溶かすというこの作業は、古風で懐かしい趣を醸し出している。

※鉄道の分岐器は、北海道や東北地方等では防雪カヴァーをかぶせたり、防雪シェルターで覆ったりしているが、融雪カンテラが設置される場合もある。カンテラには、石油ランプ状の火を焚くものや、電熱式がある。2012年1月には大分市で、「線路で火と煙が見える」と通報があったが、実はカンテラだったという報道があった。以下の動画は、2014年2月8日に、京浜急行電鉄の神奈川新町車庫線踏切で撮影されたもの。カンテラの燃料をヤカンで供給する作業だという。

TEXT BY ALEXANDER GEORGE
PHOTO BY MTAPHOTOS
TRANSLATION BY TAKU SATO/GALILEO

(掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。)

ケンプラッツ

俺たちが土木を変える!──2018年1月22日号を公開しました

前例や慣習にとらわれず、土木業界に新しい風を吹き込む存在が求められている。編集部ではそんな変革を実践し続ける10人を、業界の内外から選んだ。彼ら「テクノロジスト」の生き様から、今後の土木業界を展望する。
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップWIRED.jp > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする