• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経コンストラクショントップWIRED.jp > 記事(前のページ)

WIRED.jp

高速インターチェンジを空撮した、幾何学的アート:ギャラリー

2013/07/08

「(インターチェンジが)本当にクリエイティヴで美しい工学的な交通システムだということは、空から見て初めてわかります」とトロント在住のピーター・アンドリューは話す。

 多くの人々にとって、高速道路のインターチェンジは単なる交通システムに過ぎない。しかし写真家のピーター・アンドリューにとって、それはアートだ。

 アンドリュー氏は数年にわたって北米各地のインターチェンジを回りながら、その複雑さや魅力を空撮してきた。

 「(インターチェンジが)本当にクリエイティヴで美しい工学的な交通システムだということは、空から見て初めてわかります」とトロント在住のアンドリュー氏は話す。

 彼は撮影するインターチェンジを見つけるために「Google Earth」を長時間利用するという。また、仕事上のフライトやドライヴのとき見つけることも多いとしている。

 多くの人は、より複雑なインターチェンジが大都市にあると考えるかもしれないが、アンドリュー氏によれば必ずしもそうは言えないという。たとえばアンドリュー氏が興味を惹かれたインターチェンジは、ニューヨークのような大都市ではなく、ニューメキシコ州のアルバカーキやテキサス州のアマリロのような都市にあったという。

 実際、アンドリュー氏はテキサス州を中心に次の撮影を行う計画を進めている。同州について「優れたデザインの高速が溢れ、面白いインターチェンジがかなり集中しています」と話す彼は、ヒューストンからダラス、サン・アントニオまで数日間をかけて撮影する予定だ。

 インダストリアルな風景写真で有名なエドワード・バーティンスキーは、写真集「Oil」のなかで複数の高速インターチェンジの写真を撮影しているが、アンドリュー氏は、これらの作品に強く影響を受けているという。また、アンドレアス・グルスキー(3億円を超える史上最高の落札額で話題になった写真に関する日本語版記事はこちら)の写真も彼にインスピレーションを与えている。

 今回はそんなアンドリュー氏が撮影したインターチェンジ写真の数々を紹介する。

ケンプラッツ

敵か味方か「建設スタートアップ」──10月23日号を公開しました

革新的な技術を武器に急成長を目指す「スタートアップ」企業が、建設市場で存在感を増している。現状で満足する者には秩序を乱す敵となり、成長を志す者には心強い味方となる。あなたの目には、どう映る?
目次一覧

定期購読お申し込み
この号をご購入
PDFをダウンロード

ページの先頭へ

日経コンストラクショントップWIRED.jp > 記事(前のページ)

日経コンストラクション

このページをスキップする