• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップWIRED.jp > 記事(前のページ)

WIRED.jp

世界でいちばん高い木製の展望塔:ギャラリー

2013/04/01

オーストリア、ケルンテン州の緑の中に建てられている新しい展望塔のことだ。地元の材料のみを使って、環境持続可能性の原則に従って建設し、100mの高さに達するだろう。たったの4カ月で竣工する予定だ。

 まさに木の摩天楼だ。世界でいちばん高い。この種の高層建築としてはひとつの挑戦となる。そこにはイタリアも関係していないわけではない。というのも、建設しているのはイタリア北部トレンティーノ=アルト・アディジェ州の木材工業のグループ、ルブナーだからだ。

 すでに出来上がりつつある。オーストリア、ケルンテン州のコイチャッハ・アム・ゼー市の地域でまさに建設中だ。その使命は、新しい芸術的なランドマークの魅力によって、地域の観光を盛り上げることだ。名前はピラミーデンコーゲルという。名前は以前のずっと低かった展望台と同じだ。以前のものは数カ月前に解体されたけれど、その存在はオーストリアを愛する人々の心の中に残っている。

 新しいピラミーデンコーゲルは高さ100mに達し、クラーゲンフルトのクラウラ・カーデン・パートナーズの建築家たちによって設計された。このエコロジーな展望台の最も興味深い側面は、地域の木材のみを使用していることで、地域のリソースを活用して、環境持続可能性のある建設方法を選択している。

 この建築はらせん状に空に向かって伸びていて、展望台に立てば、高さ約900mの同名のピラミーデンコーゲルという山を囲む緑豊かな渓谷を一望する、素晴らしい眺めを堪能することができる。10階建て(いや10のレヴェルに分かれていると言ったほうがいいだろう)で、360度の息を呑むようなパノラマが見られる2つの展望台がある。

 特に素晴らしいのが、優雅な「Skybox」だ。高さ60mから辺り一面を見わたせる、すべててガラス張りの展望ルームだ。階段とエレヴェーターで上に登るが、長さ50mの滑り台で降りることもできるだろう。これはヨーロッパで最長となる。主要構造をつくるために、16本のラミネート木材の柱を、10の楕円形のリングと80の斜め支柱で補強している。

 もちろん鋼鉄を使っていないわけではないが、わずか300tしか用いていない。そのほかには、500立方メートルのラミネート木材、1,000平方メートルの直交積層材を用いる。これらは、その全生命サイクルの間CO2を吸収するので、建物の環境フットプリントをニュートラルに保つ。

 このため、建設現場はまだ数週間前に動き出したばかりだが、迅速に作業を進められるはずで、6月にはもう世界で最も高い木造の摩天楼の落成式を行うことができるだろう。オーストリアの鐘楼、山、湖、美しい渓谷は、すぐに新しく環境と調和したシルエットを仲間に加えるだろう。

 世界中で最も天高くそびえる木造建築となり、記録は少なくとも数年は維持されるだろう。実際、もうひとつの木とガラスの野心的な塔が、北極圏にあるノルウェーのキルケネスで計画されているが、80mを超えるのは難しいだろう。

 新しいピラミーデンコーゲルの建設の進捗状況は、こちらで追うことができる。

ケンプラッツ

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップWIRED.jp > 記事(前のページ)

日経アーキテクチュア

このページをスキップする