トラブル判例解説 契約・敷地編

建築基準法上は「合法」でも建築を差し止められたスーパー銭湯

CASE 26

2012/09/03

第1種低層住居専用地域で、飲食施設や大規模な駐車場を備えた「スーパー銭湯」が計画された。事業主に対し、裁判所は近隣住民の訴えにより建築差し止めの決定を下した。公衆浴場の一種なので建築基準法上、同地域に建築できるが、広範囲からの集客を目的とする点で同法の趣旨に反しているとされた。駐車場の騒音被害も重視された。

新型公衆浴場「スーパー銭湯」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでシェアする

日経アーキテクチュア

読者のコメント ※[ログイン]すると全文表示、投稿・投票ができます

まだコメントがありません。下記のフォームから投稿してください。

[ほかの記事へのコメント]

コメントの投稿

ログインするとコメント投稿画面を表示します。非会員の方は、右記の「ご意見投稿フォーム」からコメントを投稿できます。 →ご意見投稿フォーム

ログイン
会員登録

読者の評価

この記事を:
 
  投票なし
 
内容は:
 
  投票なし
 

<<コメントに関するご注意>>

  • 投稿されたコメントは査読のうえ公開します。コメント末尾の日時は投稿時点のものです。用字用語などは当社規定に沿って変更、明らかな間違いや不適切な表現は原文の意図を損なわない範囲で変更します。不適切と判断したコメントは公開しません。公開後の修正・削除もあります。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • コメントは本サイトや当社媒体に転載する場合があります。その際、読者から寄せられたことを明示します。
  • 記事への質問は問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄に投稿いただきましても回答できません。
  • 投稿の内容について当社は信頼性や適法性を保証しません。トラブルが発生しても責任を負えません。

ページの先頭へ

プロジェクト エコー・シティ