• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報の本 > 記事(前のページ)

日経不動産マーケット情報 書籍など 1000円以上のご注文で配送料無料!

豊かな人生を築くための不動産との付き合い方

住宅購入・不動産投資の新常識

定価:本体1,800円+税
田辺信之 著
四六判、216ページ
ISBN:978-4-8222-6099-6
商品番号:238450
発行日:2015年3月16日

相談に乗るうちに、多くの方が知りたがっていることや疑問に思っていることに、かなりの共通点があることがわかりました。──「はじめに」より

幸せへと導く13の新定石

人生の支出の過半は不動産
それなのに知らないことがいっぱい…

本書では、不動産の購入・売却・投資を考えている方に、景気に左右される買い方や、短期的な儲けを指南するのではなく、不動産と中長期的に向き合う際の「本質的な考え方」をお伝えします。

<住宅選びの6つの新定石>

  • [定石1]自分のライフプランに合った住生活を想定しておく
  • [定石2]不動産のマーケットサイクルを生かす
  • [定石3]不動産のマーケットサイクルと個人のライフサイクルを調和させる
  • [定石4]「立地」を最優先する
  • [定石5]購入時点でその住宅の「出口戦略」を想定する
  • [定石6]候補物件を多面的にチェックする

<不動産投資の4つの新定石>

  • [定石1]不動産の特性を生かすには長期投資が基本
  • [定石2]購入時期の判断、物件の選定には「住宅選びの定石」を応用する
  • [定石3]運用資産全体のリスクを分散する
  • [定石4]レバレッジの活用はリスクとリターンのバランスを考える

<Jリート投資の3つの新定石>

  • [定石1]Jリートの特性を生かした投資をする
  • [定石2]Jリート投資でも「時間の分散」が有効
  • [定石3]個別銘柄の選定にもポイントがある

目次

第1章 不動産との付き合い方を見直そう

  • 人生の豊かさを決める不動産との付き合い方
  • パラダイム転換後の新たな定石を学ぶ

第2章 不動産の購入や売却にはタイミングがある

  • 不動産価格が一方的に動く時代は終わった
  • 不動産価格は周期的に変動する

第3章 立地によって資産価値が大きく変わる

  • 1.ますます進展する不動産の二極化
  • 不動産の格差拡大につながる最大要因は「立地」
  • 優れた「立地」の住宅を選択するための着眼点

第4章 多様化するライフスタイル

  • 人口動態がライフスタイルを変える
  • 住み替え行動に見るライフスタイルの変化
  • これからは住宅を買うよりも借りた方が有利か
  • 【COLUMN】大きく変わった住み替えパターン

第5章 豊かな人生に向けた住宅選びの定石

  • パラダイム転換後の住宅選びに必要なものとは
  • 住宅選びの定石を知る
  • [定石1] 自分のライフプランに合った住生活を想定しておく
  • [定石2] 不動産のマーケットサイクルを生かす
  • [定石3] 不動産のマーケットサイクルと個人のライフサイクルを調和させる
  • [定石4] 「立地」を最優先する
  • [定石5] 購入時点でその住宅の「出口戦略」を想定する
  • [定石6] 候補物件を多面的にチェックする
  • 【COLUMN】住宅購入に際して私たちが陥りやすい心理的なワナ

第6章 資産を不動産で運用するための定石

  • なぜ不動産で資産運用をするのか
  • 投資対象としての不動産の特性
  • 不動産投資の定石を知る
  • [定石1] 不動産の特性を生かすには長期投資が基本
  • [定石2] 購入時期の判断、物件の選定には「住宅選びの定石」を応用する
  • [定石3] 運用資産全体のリスクを分散する
  • [定石4] レバレッジの活用はリスクとリターンのバランスを考える
  • 【COLUMN】中古マンションの価格はどのように決まるのか

第7章 Jリート投資の定石

  • Jリートの特徴
  • Jリート投資の定石を知る
  • [定石1] Jリートの特性を生かした投資をする
  • [定石2] Jリート投資でも「時間の分散」が有効
  • [定石3] 個別銘柄の選定にもポイントがある
  • 【COLUMN】人口が減少するから日本の不動産の将来は暗いか

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報の本 > 記事(前のページ)