• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新着記事 一覧

ニュース

道路橋で国内最長の連続箱桁橋、吉野川大橋が着工

ALT

西日本高速道路会社の四国横断自動車道建設事業で、徳島市の吉野川河口部に設ける吉野川大橋(仮称)の工事が本格化する。12月3日に安全祈願祭を開催。鋼管矢板の打設作業などが始まっている。

ニュース

i-Constructionを海中に、ICT浚渫を試行

ALT 国土交通省は12月1日、ICTを活用した浚渫工事を2017年度から試行する方針を示した。

ニュース

不正入札容疑で中部地整職員また逮捕、奥村組元社員も

ALT 愛知県警は12月3日、官製談合防止法違反の容疑で国土交通省中部地方整備局の出先事務所の副所長と奥村組の元社員を逮捕した。中部地整では、9月30日に別の出先事務所の課長が同様の容疑で逮捕されたばかりだった。

ニュース

開削シールドなのに地下水があっても補助工法要らず

ALT アイサワ工業)は、地下水位や透水性が高い地盤でも、補助工法を併用せずに開削シールドで掘進できる工法を開発した。

カウントダウン2020

品川に響く!線路寄せ伝統の掛け声

ALT 東京都心最後の大規模案件と期待される田町―品川駅間の再開発。11月19日から翌朝にかけて実施された線路切り替え工事の様子を動画で紹介する。

ニュース

名橋「犀川大橋」にECI、補修を円滑に

ALT 国の登録有形文化財、国道157号犀川(さいがわ)大橋の補修工事の入札・契約に、「技術提案・交渉方式(技術協力・施工タイプ)」を適用する。国が橋梁補修工事で初めてだ。

編集長が語る日経コンストラクションの見どころ

まだ「壁厚い」プレキャストの採用、打開策は?

ALT 今年度に入って取り組みが本格化しているi-Construction。ドローンや情報化施工、CIMといったICT(情報通信技術)の活用に、どうしても目が向きがちです。しかし、それだけではありません。規格の標準化をはじめとしたコンクリート工の省力化も重要なテーマです。

ニュース

施工時間が2割減、MC切削機で美しい法面

ALT 安藤ハザマは、MC(マシンコントロール)油圧ショベルにツインヘッダーと呼ぶ切削機を取り付け、法面を効率良く整形できる技術を確立した。施工時間を2割ほど短縮でき、平滑性も高まった。

ニュース

浜松市や宇部市などの19事業でコンセッション導入支援

ALT 内閣府は、インフラの運営権を民間に売却するコンセッション方式の導入を促すため、全国各地の自治体などが提案した19事業を支援する。

[限]ドボク塾 考える力養成プロジェクト

常にWhyとBecause

ALT 前回までの講義で、点検や診断の違い、維持管理のプロセスについて解説してきた西川和廣・土木研究センター理事長。今回の講義ではいよいよ「総合診療」実践編に移る。

日経コンストラクション 最新号から 一覧

12月12日号特集

省力化で巻き返すコンクリート工

ALT省力化の面で遅れを取っているコンクリート工。国土交通省が推進する「i-Construction」では、コンクリート工の生産性向上もテーマに挙がっている。ICT(情報通信技術)の活用ばかりに目を奪われがちだが、地道な改善も欠かせない。新技術の開発だけでなく、省力化に役立つ技術を設計段階で盛り込めるような発注の仕組みづくりも重要だ。

技術士取得支援 一覧

話題の新刊 一覧

ページの先頭へ