• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

省エネNext

日本のZEBは「ZEB Ready」から

ALT

2017年2月、環境共創イニシアチブは「ZEB設計ガイドライン」をウェブサイトで公開した。その内容は、まずはZEB Readyを目指すものとなっている。今回はZEB Readyを含めた、日本のZEBの考え方を整理したい。

省エネNext

BELSを利用して活路を見いだせ

ALT 2016年4月、住宅と非住宅を対象にした省エネ性能表示制度が始まった。それから1年近くがたち、当初は耳慣れなかった「BELS(ベルス)」という言葉もあちこちで聞かれるようになってきた。

省エネNext

ビルの省エネはまだ不十分

ALT 今年4月から、延べ面積2000m2以上の新築の非住宅建築物に対し、省エネ基準の適合義務化がスタートする。ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)は、省エネ基準を上回る高性能な建築物の一つ。ZEBは未来の建築技術ではなく、すでに国内でも多くの実例が完成している。まずは、その背景を探ってみよう。

省エネNext

省エネ適判やるならBELSも

ALT 建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度は、建築物の省エネ性能を評価し、そのレベルを表示する仕組み。今年4月から始まる「省エネ適判」では、省エネ適合判定通知書などを活用することで、省エネ性能の表示が可能になる。ここでは表示制度の概要や評価内容、申請手続きなどのポイントについて解説する。

省エネNext

ZEHは「お得」か?

ALT 建て主にZEHを勧めるには、エネルギー需要安定や温暖化対策だけでなく、実質的なメリットを伝えることも必要だ。ZEHで暮らす利点とは何か。経済性、快適性、健康維持・増進の視点からZEHの特長を整理してみよう。

省エネNext

省エネ性能を向上するメリットは?

ALT 2017年4月1日から建築物省エネ法の適合義務が施行される。特定建築物の新築や増改築は省エネ基準への適合義務を負うほか、建築確認、完了検査と関連付けられる。適合義務の取り扱いを中心に、同法のポイントを解説する。今回は、容積ボーナスがもらえる性能向上計画認定などについて。

省エネNext

速く簡単に施工、マイスターの国でも乾式が人気

ALT ドイツのミュンヘンで世界最大規模の建築見本市BAUミュンヘン2017が開催された。省エネ先進国のドイツでは、どのような建材・設備が開発され、販売されているのか。ドイツ在住の建築・都市・環境コンサルタントの永井宏治氏が、省エネに関する製品の最新動向をリポートする。

省エネNext

ZEH基準は省エネ基準より厳しい

ALT ZEHロードマップ検討委員会では、「ZEHの判断基準」として4つの定義を定め、そのすべてに適合した住宅をZEHとしている。そこに定められた基準は、これからの住宅に何を求めているのか。ZEHの考え方を読み解く。

省エネNext

省エネ適判後に設計変更したら?

ALT 2017年4月1日から建築物省エネ法の適合義務が施行される。特定建築物の新築や増改築は省エネ基準への適合義務を負うほか、建築確認、完了検査と関連付けられる。適合義務の取り扱いを中心に、同法のポイントを解説する。今回は、計画変更と軽微な変更の違いなどについて。

省エネNext

省エネ適判って何?

ALT 2017年4月1日から建築物省エネ法の適合義務が施行される。特定建築物の新築や増改築は省エネ基準への適合義務を負うほか、建築確認、完了検査と関連付けられる。適合義務の取り扱いを中心に、同法のポイントを解説する。まずは、省エネ適判について。

連載・解説ほか

新着記事 一覧

ページの先頭へ