• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

本場ドイツの環境建築

プラスエネルギーの木造学校を一般建築のコストでつくる

ALT

「木造」や「プラスエネルギー」というと、日本でも関心の高いキーワードだ。建築物の性能向上が一定レベルまで達したドイツでは、次の段階として、普及のためのコストダウンや施工性の向上、建材自体の持続可能性がテーマとなっている。

本場ドイツの環境建築

リベスキンドの芸術作品を省エネ建築に

ALT 2017年3月、ドイツ北部の小都市にダニエル・リベスキンド氏の新作品が完成した。8階建て、高さ37mのロイファナ大学リューネブルグ大学の新校舎だ。建築家であるリベスキンド氏の芸術作品を実現するため、省エネや構造で様々な技術を取り入れている。

本場ドイツの環境建築

空調も換気も断熱材も無いミニマムエネルギー・オフィスビル

ALT オーストリアのフォアアールベルク州と言えば、環境建築に興味のある人なら一度は聞いたことがある名前だろう。ドイツとの国境に近いこの州は、木造の環境建築で世界的にも有名だ。ただ今回は、木造ではなくブロック造のビルを紹介する。機械空調、機械換気、断熱材を排除した究極のミニマムエネルギー・オフィスビルだ。

省エネNext

2020年、省エネ建築が地域経済を動かす

ALT 2020年と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるだろうか。多くの人は、「東京五輪・パラリンピックが開催される年」と答えると思う。建築業界にとっても大きなイベントだが、もう一つ重要なイベントがある。

省エネNext

ZEHに無料で泊まって快適性を実感

ALT 環境省は、「COOL CHOICE ZEH体験宿泊事業」の体験宿泊者の募集を2017年10月16日から開始した。応募期間は18年2月14日までの予定。

省エネNext

ZEBは老人ホームで人気

ALT 環境共創イニシアチブ(SII)は2017年度ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業における採択事業の概要をホームページで公開した。

改修でゼロエネ住宅!

意匠も暮らしも捨てないZEH改修は可能か?

ALT リビタとYKKAPが取り組んだ、ZEH改修。既存の住宅をエコな住宅に変身させるために必要なものは何か――。プランづくりや設計、施工など、数回にわたって紹介する。第1回は、リビタがどのような考え方で既存住宅のZEH化に挑んだのかを見ていこう。

ニュース

わずか7%、意外と低いZEHの認知度

ALT 「ZEH(ゼッチ)」「CASBEE(キャスビー)」「BELS(ベルス)」「ZEB(ゼブ)」といった言葉を知っている人は1割に満たない――。そんな残念な結果が日経BP総研 社会インフラ研究所の行った調査で明らかになった。

ニュース

国のZEH支援が大転換期に

ALT 国が進めるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)施策は、2018年度にどのように進むのか――。経済産業省に尋ねたところ、経産省、環境省、国交省の3省でそれぞれ役割を分担し、ZEHの新たなステージへの移行を目指していることが分かった。

ニュース

ZEHやCLTに62億円、環境省ら3省で要求

ALT 環境省は2018年度予算の概算要求で、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化などによる低炭素化促進事業に対して62億円を計上した。経済産業省や国土交通省との連携事業として新たに計画。環境省の重点施策に位置付けている。この事業を通じて、家庭部門からの二酸化炭素排出量削減を目指す。

連載・解説ほか

新着記事 一覧

ページの先頭へ

日経アーキテクチュア

このページをスキップする