• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経アーキテクチュアトップ > 木材活用 最前線

木材活用最前線

ニュース

糸魚川を大火にした“昭和8年の木造”

ALT

約4万m2を焼損させた糸魚川大火。2016年12月22日の火災から検証を続けてきた国土技術政策総合研究所と建築研究所は、「昭和初期の瓦屋根」と「風で舞った火の粉」が延焼範囲を拡大させたと分析する。

ニュース

誰もやらなかったから木に着目

ALT 今、なぜ木なのか──。隈研吾氏にその理由を聞いたインタビュー記事の一部を、書籍「世界の木造デザイン」(6月26日発売)から特別に公開する。

ニュース

汎用木材で幅900mmの柱、開口部の制約少なく

ALT 大林組は、開口部などの制約を最小限に抑えつつ、汎用木材で準耐火構造用の大断面材をつくる木造技術「オメガウッド・カラムウォール」を開発した。従来の「オメガウッド」より柱の断面幅を大きくしたのが特徴で、開口部の面積を約1.5倍、広く取れるようになった。

ニュース

木造の最先端を切り開くスイスの構造家

ALT 木造に力を入れている建築家の坂茂氏は近年、スイスの構造家、ヘルマン・ブルーマー氏と多くのプロジェクト手掛けている。「タメディア新本社」もその1つ。その実現過程に関するブルーマー氏へのインタビュー記事を、書籍「世界の木造デザイン」(6月26日発刊)から特別に公開する。

ニュース

まるで玩具! 坂茂氏の木造7階建てビル

ALT 日経アーキテクチュアは6月26日、テーマブック「世界の木造デザイン」を発行した。今回、同書に収録した「タメディア新本社」(スイス・チューリヒ)のリポート記事を特別に公開する。竣工したのは4年前の2013年だが、これほど木造であることが分かりやすい高層オフィスは今でも珍しい。

WIRED.jp

次世代の高層ビルは、木でつくられる──世界各国で進む木造高層建築プロジェクト

ALT 未来の高層ビルは、木材を使って建てられるかもしれない。最新技術との組み合わせによって、1世紀前には考えられなかった高さの建築物も立てられるようになった木材。いま世界各地では、木造の高層建築物の建設プロジェクトが進められている。

ニュース

「木造3時間耐火」実現へ、シェルターが予備試験

ALT 木構造の建設・部材製造を手掛けるシェルター(山形市)が、木造3時間耐火構造の開発にメドをつけた。国土交通大臣認定が交付されれば15階建て以上の計画にも木造が適用可能になり、階数の制限がなくなる。

ニュース

なぜ欧米で木造ビルの高さ競争?

ALT 近年、木を主要な構造材に適用した高層ビルが、欧州や北米で次々に完成している。欧米で競うように木造高層ビルが計画されている理由は何か──。日経アーキテクチュアが本日発売するテーマブック「世界の木造デザイン」から、動向解説記事「高さ競争では欧米が先行」の一部を公開する。

ニュース

300m超の木造ビルはこうつくる!

ALT 欧州や北米などで次々と木造の高層ビルが完成するなか、飛び抜けた高さで世界から注目を集めているのが、英国・ロンドンで構想中の「オークウッド・ティンバー・タワー」だ。意匠と構造の担当者に「80階建て木造超高層のリアリティー」について語ってもらった。

ニュース

3層構成の木造格子梁を初適用

ALT 上弦材と下弦材の間に斜材を通してトラスを形成する――。滋賀県近江八幡市にある「ヴォーリズ記念アリーナ」で適用した「木造複層格子梁」だ。鉄骨造のトラス架構と同等の工期とコストで意匠性の高い木造屋根にできる。

連載・解説ほか一覧

新着記事 一覧

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ > 木材活用 最前線