• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経アーキテクチュアトップ > 木材活用 最前線

木材活用最前線

木材活用 最前線

農水省敷地内に木造平屋の保育所

ALT

農林水産省の敷地内で「中央合同庁舎第1号館南別棟」の工事が進んでいる。木造軸組工法の事業所内保育所の新築工事だ。延べ面積約250m2の平屋で、うち約8割が保育所、約2割が会議室となる。17年3月に完成し、同6月の開業を予定する。

木材活用 最前線

昨年度比3倍予算のCLT実証事業を公募

ALT 林野庁の補助事業として、木構造振興と日本住宅・木材技術センターは11月9日、CLTを活用した建築物実証事業の公募を始めた。助成総額は8億3500万円。受け付けの締め切りは12月6日13時だ。

木材活用 最前線

一般流通材で中大規模木造をつくろう

ALT 2010年に「公共建築物等木材利用促進法(公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律)」が施行された。しかし、いまだに公共建築物の木造化率は10%程度という状況だ。この背景には、設計者にとって中大規模木造を実現するにはハードルが高いという現実がある。

木材活用 最前線

投資用のテナントビルを耐火木造に建て替え

ALT 東京・自由が丘で、J-REIT(不動産投資信託)が運用するテナントビルを地下2階・地上3階建ての耐火木造建築に建て替える工事が進んでいる。木造のメリット、デメリットについて、発注者に聞いた。

木材活用 最前線

木造建築を巡る海外の先進事例

ALT 「木材活用フォーラム2016」の4つのセッションの最後は、「木造建築を巡る海外の先進事例」。近代建築研究所代表取締役の松永安光氏による欧州の中高層木造建築の事例報告を中心に、「中高層建築への木材利用促進の可能性について検討する研究会」のメンバーらが意見を交わした。

木材活用 最前線

中大規模木造を実現するファイナンスの実態

ALT 2016年11月11日、東京・江東区の木材会館で「木材活用フォーラム2016」が開催された。会場では、「中高層建築への木材利用促進の可能性について検討する研究会」の活動報告を兼ねて4つのセッションを行い、多くの聴講者を集めた。「セッション3」では「中大規模木造を実現するファイナンスの実態」について報告と議論を行った。

木材活用 最前線

RC造やS造を超える木造建築の魅力とは?

ALT 2016年11月11日、東京・江東区の木材会館で「木材活用フォーラム2016」が開催された。会場では、「中高層建築への木材利用促進の可能性について検討する研究会」の活動報告を兼ねて4つのセッションを行い、多くの聴講者を集めた。セッション2では「RC造やS造を超える木造建築の魅力」について報告と議論を行った。

木材活用 最前線

ここまで来た!中大規模木造の技術と法制度

ALT 東京・江東区の木材会館で「木材活用フォーラム2016」が開催された。会場では、「中高層建築への木材利用促進の可能性について検討する研究会」の活動報告を兼ねて4つのセッションを行い、多くの聴講者を集めた。セッションの最初のテーマは、「ここまで来た!中大規模木造の技術と法制度」。

連載・解説ほか一覧

新着記事 一覧

ページの先頭へ

日経アーキテクチュアトップ > 木材活用 最前線