• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ピックアップ

ニュース

新築戸建ての建築費は平均2775万円で横ばい

ALT

リクルート住まいカンパニーが公表した「2017年 注文住宅動向・トレンド調査」の結果によると、1年以内に戸建て住宅を建てた人の建築費用は、16年と比較して全国平均で24万円減の2775万円と、若干の減少がみられた。

製品ガイド(建築・住宅)

カウンターの足元を暖めるパネルヒーター

ALT エキップは、カウンターの足元などに設置するパネルヒーター「暖(あった)カウンター」に、天然銘木の不燃板シートを使った新シリーズ「THE WOOD」を加え、2017年11月1日から販売を開始した。

ニュース

台所の換気でアルミフレキ管は違法?

ALT 「一般的な住宅で、台所(厨房)の換気(排気)管にアルミ製フレキシブルダクト(フレキダクト)を使用するのは条例違反に当たる」――。そんな指摘に困惑する声が、住宅会社や検査会社などから上がっている。

◆日経ホームビルダーからのお知らせ

◆関連記事と追加資料一覧

ALT 日経ホームビルダー本誌で紹介した関連記事や追加資料を一覧でご紹介します。

“学び”のコラム

最新号ウェブ版 目次

ALT

2017年12月号

さらば手抜き! シーリング工事

築5年を過ぎたら、シーリングの打ち替えを検討する――。そんなこれまでの常識を、建て主が許さなくなっている。外壁塗装の更新は15年、20年と延びているのに、シーリングはその半分以下。これでは別の時機に改修しなければならず、建て主の負担は増すばかりだ。塗装とセットで更新するには、シーリングも「耐用年数20年」が求められる。工事費が多少割高でも更新時機が延びれば、建て主の利益につながる。「安値受注→手抜き→頻繁な打ち替え」の悪循環を断ち切るには、建て主にシーリングの重要性を説き、施工品質を高める努力が不可欠だ。

新着・住宅関連記事 一覧

厳選コンテンツ

話題の新刊 一覧

ページの先頭へ

日経アーキテクチュア

このページをスキップする